ウォーキングブリーチって何?

健康な自分の歯なら、ホワイトニングする事で何段階かは歯を白くする事ができます。
しかし、虫歯がひどくなって神経を抜かなければいけなくなってしまった歯は、一般的なホワイトニングをしても効果は全く期待することが出来ません。
その場合には、ウォーキングブリーチと呼ばれるスペシャルなブリーチ方法によって歯をホワイトニングする事ができます。
神経を抜いてしまった歯があるからと言って、ホワイトニングをあきらめなくてすむのですから、素晴らしいですよね!

ウォーキングブリーチでは、歯の裏に詰めている内容物をキレイに除去し、その中にブリーチ剤を入れて蓋をして1週間ほど待ちます。
「頑固な汚れにはつけおき漂白」をするというイメージです。
歯がどのぐらい黒ずんでいるのかによっても必要な治療回数は異なりますが、何回か治療を続けていれば、歯の黒ずみもずいぶん取れて白い歯を取り戻す事ができるようですよ。

ウォーキングブリーチは神経が死んでしまった歯のみに行なうホワイトニングです。
一般的なオフィスホワイトニングやホームホワイトニングと平行してウォーキングブリーチを行なう事もOKです。
ただし、過酸化水素で歯に蓋をして待っている1週間の間に、稀に虫歯が発生してしまう場合もあるようです。
その場合には、ホワイトニングによる痛みが発生しますから、痛みを感じたら無理をしたり我慢したりせずに、すぐに歯科衛生士に相談してくださいね。

また、同じ理論ですが歯の裏側ではなく歯の内部に漂白剤を入れて歯を内側から漂白するブリーチの方法はインターナルブリーチと呼ばれています。