ホワイトニングは安全?

ホワイトニングは歯の表面を削ったりするわけではありませんが、過酸化水素を含む漂白剤を使うことで歯の表面にあるエナメル質を若干薄くします。
そこで気になるのが、その安全性ですよね。
「歯を溶かしてしまうのでは?」
「知覚過敏になったらどうしよう?」
など、いろいろな不安がよぎってしまうところですが、ホワイトニング治療の安全性はきちんと保障されているので心配する必要はないようです。

ホワイトニングをする前から歯のエナメル質が薄かったり、エナメル質に亀裂が入っていたりする場合には、ホワイトニングをする事で知覚過敏になってしまうことももちろんあります。
しかし、治療を行う前にきちんと医師が確認してくれれば、そういった点は防ぐことができます。
ホワイトニング治療を行う場合には、信頼できる医師に診てもらう様にしてくださいね。

ちなみに、ホワイトニングに使用される過酸化水素は、万が一飲み込んだりしても体には害のない35%以下の濃度と設定されています。
この濃度は病院などの消毒などで使われている消毒剤の濃度と同じです。
また、ホワイトニングに使用される薬剤は、万が一の時でも体内の消化物質と反応して分解されるように開発されています。
そのため、体内でやけどを起こしたりする心配もありません。

ホワイトニングの医学的安全性はアメリカや日本はもとより、ホワイトニング治療を行っている全ての国で保障されています。
ですから、安心してホワイトニング治療に望んでくださいね。