ホワイトニングによるトラブルってある?

ホワイトニングに限らず、どんな治療でもトラブルが起きるケースはもちろんありますし、その人の体調や体質などによってホワイトニングが適していないこともあります。
石橋を叩いて渡るように、リスクやトラブルの可能性も十分に理解した上で治療に踏み切る事が何よりも大切です。

ホワイトニング治療で最も多いトラブルは、治療中の痛み。
どんな痛みなのかというと、歯の芯にズキッと痛みが走ります。
少しずつ痛いな・・・という場合もあれば、突然ズキッと痛みが走る場合もありますが、その場合には直ちに治療を中断すれば痛みもすぐに治まります。
この痛みは、歯の表面を覆っているエナメル質にすでに亀裂が入っていたり、エナメル質が磨耗して象牙質が顔を出していることが原因で起こります。
特に、前歯に痛みを感じる場合には、前歯の部分の象牙質が顔を出している場合も多いようです。

痛みの対処法としては、痛みの原因となる部分をレジンという素材で覆ってホワイトニングを再開します。
覆った部分もきちんとホワイトニングされるので安心です。

また、ホワイトニングに使用する薬剤は、歯茎につくと炎症を起こしてしまいます。
ホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも、誤って歯肉に薬剤がついた場合には、直ちにふき取ってください。
そのまま放置すると歯茎が炎症を起こしたり腫れたりしてしまいます。
特に、オフィスホワイトニングを行なう場合には薬剤の濃度も高いですし、そこに熱や光を当てて歯の漂白を行ないますから、遠慮せずにきちんと歯科衛生士に伝えてくださいね。