知覚過敏が発生した場合にはどうするの?

年齢とともにどうしても増えてくる知覚過敏。
虫歯があるわけではないのに、歯をゴシゴシ磨いているわけではないのに、なぜか知覚過敏になってしまったという患者さんもたくさんいます。
水を掛けただけでもシミて痛い知覚過敏でも、ホワイトニング治療ってできるのでしょうか?

治療の前から知覚過敏を持っている場合には、治療の前に知覚過敏を抑える働きがある薬剤を歯の表面につけて知覚過敏をおさえる処置をしてもらえるそうです。
硝酸カリウムが配合されているというこの薬剤は、カウンセリングの前に医師から受け取って治療前に自分で塗るということもできるようです。

ホワイトニングに使用する薬剤の濃度によっては、治療中に知覚過敏を起こしてしまう事もあります。
ホームホワイトニングの場合には直ちにマウスピースを外して治療を中断し、かかりつけの歯科医師にどうしたらよいのか指示を仰いでください。
オフィスホワイトニングの場合には、薬剤の濃度も高いので痛みもズキッと来ることも多いようです。
我慢せずにすぐに歯科衛生士に伝えましょう。
痛みを抑える処置をしてから治療を再開してもらえるので心配要りません。

ホームホワイトニングを行なっている場合には、知覚過敏になってしまったら無理をせずに翌日はホワイトニングをお休みしたり、マウスピース装着時間を短縮したりして、自分なりに微調整をしましょう。
医師に相談すればフッ素が配合されたジェルを処方してもらうこともできます。
ホワイトニングとフッ素ジェルを毎日交互に使う事でホワイトニング治療を継続する事も可能です。