歯周病でもホワイトニングはできる?

歯茎の病気でもある歯周病。
年齢とともに気づいたら歯周病にかかっていたという方も少なくありません。
歯周病になると歯が弱くなるため、水が染みやすくなったりして日常生活にも不便なところが出てきますよね。
歯周病と言っても軽度のものから重度のものまでレベルがいろいろありますが、軽度の歯周病の場合にはホワイトニング治療は問題なく行う事ができるようです。

ホームホワイトニングに使用される漂白剤も基本的にはオフィスホワイトニングで使用されるものと濃度が異なるだけ。
しかもそのなかには、歯周病の炎症を抑える過酸化尿素という成分が配合されていることも多いようです。
この成分の働きによって、軽度の歯周病なら炎症が悪化してしまったりする心配も少なく、ホームホワイトニングも問題なく受けることができるというわけです。

歯周病でも中度や重度になると、ホームホワイトニングはNGになってしまいます。
これは歯周病によって、治療中に薬剤が歯に染みやすくなってしまうため。
自分自身でコントロールできないホームホワイトニングは、お願いしても「無理です」と断られてしまうことが多いようです。
しかし、専門家がきちんとチェックしてくれるオフィスホワイトニングなら、微調整しながら治療する事が可能ですし、レジンという素材で痛みの原因になる部分を覆って痛みのコントロールも可能です。
そのため、歯周病でホワイトニングを希望する場合には、オフィスホワイトニングのみの選択肢になることが多いようです。