歯科で行なうホワイトニング

ホワイトニングは歯科で歯科衛生士が治療してくれるオフィスホワイトニングと、自宅でマウスピースをはめて自分で行なうホームホワイトニングに分類する事ができます。
確実に短期間で歯を白くしたい場合には、歯科で行なうオフィスホワイトニングがおススメです。
オフィスホワイトニングは審美歯科で治療してくれることが多いのですが、最近では一般歯科でもホワイトニングを行なっている所も増えているようです。
身近な歯科で歯を白くできるのですからうれしいですね。

オフィスホワイトニングではまず最初に、自分の歯の白さをチェックし、目標となる白さを決定します。
歯がかなり黄色い人が、雪のように真っ白な歯にする事はなかなかオフィスホワイトニングでも難しいのですが、一般的には自分の歯の白さよりも2,3段階ぐらいは白くなるようです。

白さを決めたら次に、過酸化水素を含んでいる薬剤を歯の表面に塗ります。
知覚過敏になっていたりすると、この薬剤が歯にしみたりする事もあるので注意が必要です。
その場合には薬剤の強さを調整してもらうこともできます。

薬剤を塗ったらそこに熱や光などを当てて歯を白くします。
結構スピーディにホワイトニングが出来てしまうので、驚いてしまう方も多いようですよ。
オフィスホワイトニングの場合にはスピーディに白さをゲットする事ができる反面、気をつけていないと色戻りも早いと言うデメリットもあるようです。

オフィスホワイトニングは全ての歯を一度にホワイトニングするのではなく、多くの場合には上下の歯を別々に治療するようです。
歯がどのぐらい白くなるのかを確認しながら治療できるのも安心ですね。