ホワイトニングは誰でもできるの?

ホワイトニングは一見誰でも気軽にトライする事ができる審美治療のような気もしますが、実は意外とリスクも大きな歯科治療。
そのため、誰でもホワイトニングができると言うわけではありません。

歯が成長段階である18歳未満の方はホワイトニングはできませんし、妊娠している方や授乳中の方などにもホワイトニングはおススメできません。
それだけではありません。
ホワイトニングは歯の表面にあるエナメル質の部分を漂白する事で歯を白くします。
そのため、エナメルに亀裂が入っていたり、エナメル質の形成が正常に行なわれていない人などもホワイトニングは適していません。

歯列矯正を行っている方の中には、ホワイトニングも希望している方がたくさんいます。
歯列矯正中にホワイトニングをしても、矯正器具をつけている部分は白くならないので意味がありませんよね。
そのため、歯列矯正とホワイトニングを希望する場合には、まず歯列矯正をしてからその後でホワイトニングを行う事になります。

シニア世代に多いのですが、テトラサイクリンという抗生物質によって歯の色素が変色している方の場合にも、ホワイトニングによる効果はあまり期待できないといわれています。
もちろんトライしても良いのですが、エナメル質の内側にある象牙質まで変色している場合には、ホワイトニングをしてもまったく色が白くならないと言う場合もあるようです。

ホワイトニングができるかどうかは、まず歯科で相談してみてくださいね。