ホワイトニングの効果は?

ホワイトニングは治療を行ったら即効で効果が期待できるので、満足度も高い審美歯科治療として人気があります。
特に、オフィスホワイトニングはホームホワイトニングと比較しても濃度が高い薬剤を使ってブリーチをおこなうため、歯科を出るときには歯がかなり白くなっていたりして、大満足の患者さんも多いのだそうです。

でも、ホワイトニングの効果って永久的に持続するものではないってご存知ですか?

子供の歯は白いのに、大人になるとなぜか歯が黄色になってしまうことって良くあります。
それは、毎日の食生活の中で少しずつ歯が色素沈着を起こしてしまうため。
特に、喫煙をする方やコーヒー・赤ワイン・炭酸飲料水・お茶などをよく嗜む方にとっては、色素沈着もかなり活発かもしれません。
ホワイトニングの治療を行っても、こういった生活習慣や食生活を見直していかないと、せっかく白くした歯が気づいたら元の黄色に戻っていたなんてことにもなりかねません。

「じゃあホワイトニングの効果ってどのぐらい持つの?」
と気になるところですが、一般的には3ヶ月〜1年程度と言われています。
もちろん、色素沈着を起こさないために歯磨きを頻繁にしたりして工夫する事で、ホワイトニングの効果もグンと長く伸ばすことも可能です。
また、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉などもたくさんあります。
そういったアイテムを使用して歯の白さを長持ちさせる工夫もおススメです。

ホワイトニング治療後の白さを維持するためには、定期的にホワイトニング治療を行うこともできるみたいですよ。